一家の引っ越しの節約方法は地道に自分で運ぶ!

一軒家への引っ越しを節約するには

新築一戸建て住宅を建てて、せまいアパートから引っ越すことになりました。となり町までの引越しですので距離はそんなに遠くありませんが、問題は婚礼家具でした。

 

新築の2階の和室に置きたかったので、プロに頼むしかなかったのです。

 

でもお金の予算も少なく、すべて引越し業者に頼む余裕はありませんでした。そこで、婚礼家具や大きな家具だけプロに頼んで、

 

他の小さなものは自分たちで少しずつ運ぶことにしたのです。これで予算の半分にできました。

 

しかし当時共働きで3人の子供は小さかったですので、段ボールに入れる作業などは夜中に夫婦で行いました。

 

とても大変でしたね。皿などは新聞紙に1枚1枚包んでいきます。仕事もありましたので、とても大変な作業でした。休日は小さい車に押し込んで少しずつ運びました。

 

友人たちが日曜日には手伝ってくれたので助かりましたね。おかげで格安で引越し作業も終了し、念願だった新築に引越すことができました。安くあがって良かったですね。

 

節約まとめポイント

  1. 自分で運べる料金加算がされる物系は、できるかぎり自分で運ぶ
  2. 梱包などの軽作業はお願いするのにお金がかかるので自分でやる
  3. 引越費用は見積もりサイトで一括で行うと、全体的な費用や比較がしやすい
  4. 見積もりしただけでお米がもらえる業者もあり!

一家の引っ越しの節約方法は地道に自分で運ぶ!関連ページ

短距離なら自力で引っ越し!費用を見積もってから決めよう
引っ越し費用を安くするには自分である程度行う、引っ越し作業がおすすめ
引越費用の節約小技!一人の引越は捨てるから始める
移動する荷物の量が減れば引越費用は安くなる!中古屋さんに販売するのもいい
家族、親戚だけの自分で引越が究極に安い引越!
自分で行う引越でも友人にやってもらうよりも家族、親戚などに手伝ってもらおう